不動産の選び方

不動産の選び方

不動産の選び方 土地や建物を売却する場合、借りる場合のどちらであっても、一般には不動産屋に対して相談をした上で、正式に手続きを依頼することになります。この場合に大手と個人経営のどちらがよいのかは、なかなか難しい選択といえ、その都度考えることが必要です。
大手の場合は特定の地域だけではなく全国がターゲットとなっていますので、取り扱う物件数が多いのが特徴です。賃貸の場合は選択肢が増えることを意味していますし、売却の場合も購入希望者を全国ネットで見つけやすいというメリットがあります。
いっぽうで個人経営の不動産屋の場合には、地域に根ざして営業活動をしていることから、大手が取り上げない掘り出し物の賃貸物件を見つけてきたり、地域の有力者とのコネクションで条件のよい購入希望者と引き合わせてもらえることがあります。また土地やファミリー向けのマイホーム、別荘物件などの得意分野を持っていることが多いのも特徴で、目的にぴったり合った場合には絶大なメリットを発揮します。

不動産の付加価値として評価されるものは?

不動産の付加価値として評価されるものは? 不動産は大量生産された工業製品とは違って、土地も建物もこの世に同じものが二つとないというところが特徴です。そのため不動産の評価をするにはかなりの専門的な知識と経験が必要になりますが、ごく一般的にいえば、その物件の立地している場所、面積、築年数、駅からの距離などのいくつかの要素によって決まります。
こうした基本的な要素以外にも、付加価値として評価されるものがいくつかあります。たとえば住宅に太陽光発電システムや家庭用蓄電池システムなどの省エネルギーに寄与する特別な設備が設置されている場合には、これは通常の住宅よりも優れた特徴といえますので、査定のなかでも評価が高くなります。そのほかに設備そのものではなく、住宅性能表示制度の適用を受けていたり、耐震診断の結果が残っているなど、客観的にその住宅に優れた特徴があることがわかる証拠がある場合にも、やはり付加価値のひとつとして評価されるのが一般的といえます。

新着情報

◎2018/7/20

マンションの価値は利便性
の情報を更新しました。

◎2018/5/1

不動産の積算価格とは
の情報を更新しました。

◎2018/2/22

不動産の選び方
の情報を更新しました。

◎2017/12/18

不動産査定額をアップさせるには
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

簡易査定の算出方法
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

サイトを公開しました

「不動産 価値」
に関連するツイート
Twitter

世田谷の一角に空き家群、資産価値は10億円 都心でも売れない背景(アーカイブ) 空き家相談に応じるNPOの担当者は、遺品が多く片付けできない、不動産屋の売却営業が強く疲れ果ててしまった、相続の関係が、親族間でもめていて話が進まない、などの理由があるといいます。

極度額減額請求権(398条の21):"設定者"は、元本確定後に根抵当権者に対する意思表示により、極度額を「現存債務額+以降2年間に生ずべき利息等」の額に減額することを請求できる(形成権)。一身専属権として代位行使不可。 ∵目的不動産残部の担保価値利用による新たな融資保障。

土地売却に伴う税金節税(百万円以上)に成功!なはず。 2つの古い土地が取得価不明で売却価5%ルール適用で諦めかけたけど。 不動産鑑定士の(鑑定書でなく)「意見書」で通せる。 不動産鑑定士、税理士、三井と東急の友達からも明確な回答なく困ったけど解決😀同じ悩みの人いたらトライ価値あり。

◇税務トレンド四季報 53回「マンションの市場価値と相続税評価額のかい離是正へ」 ◇「キーワード」でみる新不動産評価 225回「線路価でみる広島の地価③」 ◇よりみち映画館 77回「RRR」 ◇建築確認申請

インデックス投資にしても不動産家賃収入で、数千万円の高いハードルを越えてFIREしたとしても一定額の不労所得で一生続くか分からない不安は常につきまとう。戦争リスクや税改正や預金封鎖されたら終わり。それは自分の身体から離れたところに価値が依存しているから。一人身になっても通用する技術を