不動産の選び方

不動産の選び方

不動産の選び方 土地や建物を売却する場合、借りる場合のどちらであっても、一般には不動産屋に対して相談をした上で、正式に手続きを依頼することになります。この場合に大手と個人経営のどちらがよいのかは、なかなか難しい選択といえ、その都度考えることが必要です。
大手の場合は特定の地域だけではなく全国がターゲットとなっていますので、取り扱う物件数が多いのが特徴です。賃貸の場合は選択肢が増えることを意味していますし、売却の場合も購入希望者を全国ネットで見つけやすいというメリットがあります。
いっぽうで個人経営の不動産屋の場合には、地域に根ざして営業活動をしていることから、大手が取り上げない掘り出し物の賃貸物件を見つけてきたり、地域の有力者とのコネクションで条件のよい購入希望者と引き合わせてもらえることがあります。また土地やファミリー向けのマイホーム、別荘物件などの得意分野を持っていることが多いのも特徴で、目的にぴったり合った場合には絶大なメリットを発揮します。

不動産の付加価値として評価されるものは?

不動産の付加価値として評価されるものは? 不動産は大量生産された工業製品とは違って、土地も建物もこの世に同じものが二つとないというところが特徴です。そのため不動産の評価をするにはかなりの専門的な知識と経験が必要になりますが、ごく一般的にいえば、その物件の立地している場所、面積、築年数、駅からの距離などのいくつかの要素によって決まります。
こうした基本的な要素以外にも、付加価値として評価されるものがいくつかあります。たとえば住宅に太陽光発電システムや家庭用蓄電池システムなどの省エネルギーに寄与する特別な設備が設置されている場合には、これは通常の住宅よりも優れた特徴といえますので、査定のなかでも評価が高くなります。そのほかに設備そのものではなく、住宅性能表示制度の適用を受けていたり、耐震診断の結果が残っているなど、客観的にその住宅に優れた特徴があることがわかる証拠がある場合にも、やはり付加価値のひとつとして評価されるのが一般的といえます。

新着情報

◎2018/7/20

マンションの価値は利便性
の情報を更新しました。

◎2018/5/1

不動産の積算価格とは
の情報を更新しました。

◎2018/2/22

不動産の選び方
の情報を更新しました。

◎2017/12/18

不動産査定額をアップさせるには
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

簡易査定の算出方法
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

サイトを公開しました

「不動産 価値」
に関連するツイート
Twitter

投資や副業で手堅く稼げるようになりたいと思っている人に知ってほしい。不動産投資は投資でありながら、賃貸業という事業性を持ち合わせている。デメリットは保険や自力でカバーができるし、事例が豊富で自分で新規事業を立ち上げるより簡単。まずはどんなものか知ってみる価値はあるっしょ!

苦しむアメリカの中流階級…不動産価値の下落、インフレの拡大、賃金の停滞に直面(BUSINESS INSIDER JAPAN) アメリカの不動産価格の高騰は異常だ。1千万程度の物権が1億などと馬鹿げた事だ。

A 【限定価格】とは、市場性を有する不動産について、不動産と取得する他の不動産との併合(又は不動産の一部を取得する際の分割等)に基づき、正常価格と同一の市場概念の下において形成されるであろう市場価値と乖離することにより、

私が流動性が日本一高い湾岸タワマンエリアの妖精だからそう考えたのかもしれません。 世間の不動産売買は流動性が必ずしも高いものではなく、情報を広く公開するだけでなく(=囲い込み禁止)、工夫の余地がいっぱいあるようです。 不動産仲介のあるべき論を語っている本として価値があると思いました。

お年寄りにとって確実に価値があるのは、放置している空き家などの不動産よりも、見知らぬ誰かとのたわいもない会話です。